目立つシミが!!美白の前にやるべきたった1つのこと

シミができた!!

ある日突然、気になりだすシミ。

「え!?こんなところにシミあったー!?」

突然気になりだすものの、実際には昨日までまったく何もなかったところに、

急に現れるはずもなく、自分では気付かなくとも、かなり前から、

少しずつ少しずつ浮き出て来ていたはずなんですよね。

特に、30歳後半以降にもなれば、全くシミがないというようなことはあまりなく、

多かれ少なかれ 大体の方にはシミがある。

だから、よけに気がつくのが遅くなってしまいがち。

気付いた頃にはもうだいぶ濃くなってしまって、慌てて美白化粧品を調べ始める、なんてよくあるケースです。

シミの種類にもよりますが、美白化粧品は、非常に有効ですので、是非使うことをお勧めします。

ですが、まずその前にやるべき大切なことがあります。

今日は、「新しいシミができちゃった!!」と思った時、美白に力を入れるよりも前に、

まずやるべき大事なことについてご案内します。

主なシミの種類について

シミができた!

まずは、シミの種類について把握しておきましょう。

老人性色素斑 

日常的に浴び続けてしまった紫外線が原因でできる、最もスタンダードなタイプのシミ。顔、首、腕、手の甲など、日焼けしやすい場所に特にできやすいシミ。

炎症性色素沈着 

にきび跡や、傷、虫刺されの跡がいつまでも残りシミになってしまったもの。

時間の経過とともに薄くなっていく場合もある。クレンジングの摩擦のせいでできてしまうこともある。

肝斑   

頬骨あたりに左右対称でぼんやりできるシミ。

女性に多く、女性ホルモンのバランスの乱れが原因と言われています。

ある日突然できてしまったり、閉経とともに、いつの間にか薄くなっていくというケースもある。

女性ホルモンとの関わりが大きいことからもわかるように、妊娠中や、ピルなどの服用中にできてしまったり、

濃くなったりすることもある。

そばかす  

遺伝によるものが多く、特に鼻周りを中心に現れます。紫外線によっても増えたり、濃くなったりする。

紫外線のせいで濃くなる以外にも、ストレスの影響を受けることもあり、

その場合には、年齢とともに濃くなってゆく場合もある。

脂漏性角化症

イボのようなシミで、徐々に分厚くなったり、突起して来たりする。

花弁状色素斑

背中や肩、胸元に花弁が散ったような形で出てくるシミ。

日常的に浴びるような紫外線ではなく、強烈な紫外線を一気に浴びることが続いたりしているとできたりします。

若い頃に、日常的にマリンスポーツをしていたり、水膨れするほどの紫外線を浴びている人によく見られる。

他に、腫瘍の一種である太田母斑などもあります。

これらのように、シミと一言で言っても原因は様々です。

自身のシミが、どのシミなのかを把握しておくことは、これからシミ対策を始めるのであれば、絶対必要なことです。

そしていずれのシミであっても、美白化粧品を使う前に真っ先にやるべきことがあります。

シミを濃く見せるのは乾燥だった

乾燥じわ

気になるシミに真っ先にやるべきこと

それが、「保湿し乾燥させないこと」です。

先ほども触れたように、或る日突然シミが現れる!!

なんてことはほとんどなく、実際には、少しずつ浮き出てくるもの。

自分で気づかなかっただけなのです。

では、なんで今まで気づかなかったのに、ある日突然気づくのか。

それは、その日によって、シミの濃さが違って見えてしまうから。

その大きな理由の一つが乾燥です。

乾燥が進み、皮膚の一番表にさらされている角質層が水分不足になると、

皮膚の一番の働きであるバリア機能が著しく低下します。

バリア機能が低下すると当然紫外線を含む外部からの刺激をもろに受け、

余計に乾燥が進むとともに、更にメラニン色素が過剰に生成されシミが濃くなっていきます。。

理想的な水分が保持された皮膚であれば、

表皮の一番奥で新しく作られた細胞が少しずつ上に押し上げられて、最後は垢となって剥がれ落ちていきます。

これがいわゆるターンオーバーと言われるもので、20代前半で28日周期と言われています。

しかし、乾燥によりこのターンオーバーが乱れると、

いつまでもはがれ落ちない角質が皮膚表面に滞在してしまい、それにより、

シミがより濃く見えてしまったりします。

シミを濃く見せないためには、まずはターンオーバーをスムーズにする必要があり、

そのためには、何と言っても乾燥状態にしないことが何より重要なのです。

シミが気になりだしたら、まずは 保湿ケアに力を入れましょう。

シミを濃くするクレンジング 3つの◯◯すぎ

洗顔

化粧水、クリーム、スチーマー、保湿ケアで考えられる手段は色々ありますが、

何よりも最も大事なのは、クレンジング または洗顔です。

洗いすぎ

よかろうと一日に何度も洗顔するのはNG。

洗いすぎは、必要な水分を逆に奪ってしまいかねません。

洗う回数は、極力少ないほうが良いのです。朝晩1回ずつで十分。

ちなみに、清潔にするためにとしょっちゅう手を洗う方がいますよね。

もちろん、外から帰ってきたら手洗いは基本ですが、必要以上に手を洗うことはオススメしません。

手がガサガサの人の大抵は、手の洗いすぎだったりします。

お顔も、これと同じことが言えます。

こすりすぎ

汚れを落とそうと、ゴシゴシ こするのもNG。確かに毛穴に汚れが残ってしまうのも、

シミの原因になりますが、それ以上に摩擦による刺激の方ができやすい。

洗顔の時も、メイクを落とす時もこするのではなく、優しく汚れを浮かすようにしましょう。

洗浄力強すぎ

しっかりメイクや汚れを取り除きたいという思いから、

必要以上に洗浄力の高い洗顔やクレンジング材を使うのもNG。

しっかりメイクをしがちな目元口元は、必ず専用のクレンジング材を使います。

そうすれば、それ以外の部分については、オイルクレンジング等の高洗浄力なものを使わなくても大丈夫でしょう。

賛否ありますが、やはりオイルクレンジングよりもミルクタイプやクリームタイプのクレンジングをお勧めします。

まとめ

シミにも様々な種類があるとは言え、その種類がわからなかったとしても

真っ先に、できる対策が保湿です。

乾燥状態か、保湿されているかで、その見た目はかなり違います。

保湿に気をつけるだけで、気になるシミは圧倒的に減るかもしれません。

あわてて美白に走る前に、まずは、すぐにできる基本から整えて行きましょう。

とは言え、目立たなくなったにしろ、シミの赤ちゃんは確実の育っているということですので、

保湿力を安定させた後、または同時進行で美白ケアもして行きましょう。

 

 
シミができた!!

《初回 20%OFF》グリーンピール5daysの効果をお得に体験!

グリーンピールはあらゆる肌トラブル、アンチエイジングに対して、通常のエステでは得られない非常に大きな変化が期待できます。

過去に他店でグリーンピールを受けたことがあっても、ベルソワンでのグリーンピールの施術が初めてであれば、20%OFFにてご提供させていただきます。

ベルソワンのグリーンピールで、驚きの変化をリーズナブルに体験してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です