冬到来!超・乾燥肌もシートマスク一つでプルプルもっちり肌へ

乾燥肌のパック

いよいよ乾燥が気になる季節がやって来ました。

私もそうですが、もともと乾燥肌の人にとっては美肌をキープする上では厳しい季節です。

毎日のお肌のお手入れで、クレンジング、ローション、美容液、クリーム。

この4アイテムを多くの人が取り入れているとは思いますが、

これからの季節、超乾燥肌の人にとっては、

それだけでは、いつもの肌を維持できないというケースも出てくるのではないでしょうか。

ローションや美容液を変えてみたり、スチーマーを使ってみたりと、手段は色々ありますが、

簡単に対策できるものの一つとして シートマスクの活用があります。

チューブタイプや泡タイプのパックと違い、洗い流す必要もなく、

お顔にのせるだけでOKの簡単なアイテムなので、普段のお手入れに加えやすくておすすめ。

さらに、ひと昔前であれば、シートマスクといったら、どちらかというと高価なもので、

特別な日のスペシャルケアとして使うのが主流でした。

しかし、最近では、高価なものもありますが、

リーズナブルで、決してスペシャルではない日々のケアの一つとして使えるタイプのものまで

様々あります。

シートマスクを上手に活用して、今年の冬も乾燥知らずの美肌で乗り切りましょう♪

 

乾燥肌のためのシートマスクの選び方

シートマスクは、1枚ずつ液体に浸されたマスクがパッケージされているものを1回1枚ずつ使うというもの。

最近では、デイリーに使うことを推奨した、大容量のものもあります。

大容量のものは、安いものであれば、ドラッグストアで 3,40枚で2000円以下の金額で売っていたりします。

一方で、1枚で2000円以上するものもあります。

これだけ金額の差があるのですから、当然その効果も様々です。

基本的に安価のシートマスクはどちらかというと化粧水で、高価なシートマスクは美容液と思った方がいいでしょう。

やはり、大切なのはその質。

特別なケアのつもりで、毎日シートマスクを使っていても、その成分が、普段使っている化粧水

の方がよっぽど良いものであれば、シートマスクの意味はありませんし、むしろ逆効果。

ついつい、毎日マスクをしているということだけで、特別なケアをしている気分になってしまいがちですが、

冷静に選ばなくてはなりません。

毎日使う用のシートマスクであれば、普段お使いの化粧水の金額を参考にするのが良いかもしれません。

 

シートマスクの使用頻度は?

シートマスクは、毎日やってもいいのか、それとも週に1、2回程度でいいのか。

それも、やはりそのシートマスク次第。

美容成分たっぷり含まれるような高濃度のシートマスクであれば、せいぜい1週間に1、2回で十分です。

一方、デイリーケア用として売っているシートマスクは、美容パックというよりは、

化粧水ですので、そうしたシートマスクは毎日使っても問題ないです。

極度の乾燥肌の場合は、化粧水代わりに毎日シートマスクをするのはおすすめです。

とにかく、美肌の第一条件は、十分に保湿をされていること。

1週間もすればその変化は実感できるかもしれません。

そして、余裕があれば、週に1回程度デイリーマスクを贅沢マスクに変えてみてはどうでしょう。

シートマスクのおきすぎは厳禁

シートマスクに限らず、パックはついつい決められた時間より長く置いてしまいがち。

特に、美容成分たっぷりのぶ厚目のシートマスクだったりすると、例えば目安の15分を過ぎても、まだまだシートに水分が残っていたり。

そうすると、なんだか捨ててしまうのがもったいないですよね。

しかし、決められた時間以上お顔に乗せていたところで、それ以上に成分は肌に入っていきませんし、

下手をするとパックの水分の蒸発と一緒に肌の水分も持って行かれてしまう恐れもあります。

その製品によって、定められた使用時間がありますので、必ずその時間内で使いましょう。

乾燥肌のためのおすすめデイリーマスクは、、、

デイリー用のマスクは様々販売されていますが、個人的には普段お使いの化粧水での、ローションパックがおすすめ。

先にも触れた通り、いくらデイリー用だからといっても、普段お使いの化粧水よりも安価のマスクであれば、逆効果。

であれば、普段の化粧水をそのままパックに使った方が効果あり。

100均などで、乾燥したシートだけで販売されているので、それに化粧水を含ませて使いましょう。

ただし、これはお肌に合った化粧水、お気に入りの化粧水を普段から使っているということが前提の話です。

 

ちなみに、余談ですが、旅行などに行く時、化粧水のボトルを持って行くのも荷物なので、このように

100均のフェイシャルシートに化粧水をたっぷり含ませたものをジップロックなどに入れて

持って行くと荷物にもならないし便利で良いですよ。

シートマスクは値段に比例する?

シートマスクの金額は、非常に幅があります。高けりゃいいのか?

はっきりいって、化粧品の値段は原価によります。

有名ブランドのものだと、どうしてもさらに上乗せされるところもあると思いますが、基本的に、化粧品はある程度値段に比例するものですが、シートマスクは特にそうです。

安いものはそれなりです。

ですが、デイリーに使うのであればそれはそれでよし。

ただし、普段お使いの化粧水の金額を目安にしましょう。

少なくともお使いの化粧水と同じか、それよりは高価なマスクでなければ意味がありません。

(かといって、あまり高濃度マスクであれば、毎日は過剰すぎる場合もあり)

シートマスクの効果をさらに高めるために

おすすめの2つのタイミング

1つは、お風呂の後。お風呂に入った直後は、体も温まり毛穴も広がり、成分の吸収がとても良いタイミングです。

お風呂上がりに、しっかり化粧水でお肌を整えてからのパックが最適です。

2つ目は、メイク前。メイクの前にしっかり保湿することで、その化粧ノリは明白に変わります。

特別な日のお出かけ前には、シートマスクを使えるとパーフェクトです!

ラップの併用

デイリー用のシートマスクやローションパックをする時は、その蒸発を防ぐためにマスクをした上に、

ラップなどでカバーするのがおすすめ。

ぶ厚目のシートマスクや、最近だとジェル状のマスクであれば、ラップなどしなくても効果はそう変わらないはずですが、

薄めのシートマスクは、ラップの使用で保水力をかなり維持することができます。

大事なのはアフター

シートマスクをした後のケアがとっても大事。マスクをしたあとは、お肌はしっとり、モッチモチですよね。

マスクを外したら、まずは、手を使ってしっかりプレス。そして、必ずクリームを塗ってあげましょう。

せっかくお肌に入れ込んだ水分も最後に蓋をしてあげなければ、やはり蒸発してしまいます。

敏感な時はおやすみを

例え、デイリー用のシートマスクでも、お肌が敏感に傾いているようなときは、お休みすることをオススメします。

化粧水を使った時にしみるかしみないかをその基準にしましょう。

 まとめ

今回は、超乾燥肌の方のためのシートマスクの使い方のご紹介でした。

そこまで乾燥をしていない方は、毎日のシートマスクは必要ありませんが、

慢性的に乾燥が気になるかたであれば、是非毎日のシートマスクを試してみてください。

ただし、くれぐれも、普段お使いの化粧水よりも安価なシートマスクを使ってしまうことで、

逆に乾燥を加速させることのないよう注意してくださいね。

 

 
乾燥肌のパック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です