初めてのグリーンピール。知っておきたい9つのこと

初めてのグリーンピール

ニキビ、毛穴、シワ、シミ あらゆるお肌のお悩みに劇的な効果をもたらすグリーンピール。

当サロンでもリーピート率は相変わらずの80%超を維持し、着々とグリーンピールフリークの

かたが増えてきています。

一度受けると、多くの方がはまってしまう、このグリーンピールですが、

禁忌事項などがあることもあり、初めて受ける時は、やはり慎重になる方や、不安に思う方も多くいらっしゃいます。

お電話でご相談いただくと、30分近くお話しさせていただくことも珍しいことではありません。

そこで、今回は、グリーンピールを初めて受ける方によく聞かれるご質問をまとめてみました。

グリーンピールをご検討の方には、不安を取り除いて、大きな期待とワクワクを持って

ご来店いただけたらと思っています。

(今回は、5daysだった場合の説明内容となっています。)

グリーンピールの詳細については、こちらのページもご覧ください。

グリーンピール

グリーンピールって皮膚が剥けるの?どのくらい剥けるの?

グリーンピールは、ハーブの結晶を特殊な液で溶いて結晶を作り、それを毛穴に入れ込むという工程になります。

毛穴に入った結晶は体内を巡り、代謝を促進させ、肌の生まれ変わりのサイクルを正常になるようにうながします。

その過程で、不必要な角質があれば、自然と剥けていくわけですが、これは、

ケミカルピーリングのように、薬剤などで、強制的に剥くわけではなく、

天然ハーブの刺激により、自身の肌の自然治癒力が高まり、自然と剥けていきます。

剥け方は、かなり個人差があるので、「どのくらい」という説明は難しいですが、

不必要な角質が多い方は、多めに剥けます。

ただし、人により、皮膚の厚さなども様々ですので、それだけで決まるというわけでもありません。

剥け方も、薄皮剥けるように、ポロポロと少しずつ剥ける方もいれば、

ベローンと大きく気持ちよく剥ける方もいらっしゃいます。

グリーンピール中は顔を濡らしたらいけないの?

グリーンピール直後は、ハーブの結晶が毛穴の中に埋まっている状態です。

顔を濡らしてしまったり、多く汗などをかいてしまうことで、

毛穴の中にまだ入っているハーブの結晶が流れ出てしまうのを防ぐため、

アフタートリートメントにご来店いただくまでは、顔を濡らすのはNGです。

ハーブの結晶は、導入後1~2日程度かけてゆっくり溶けて肌の奥へ入っていきます。

基本的にアフタートリートメントにご来店いただくまでは、

濡らさないようにしていただきたいのですが、特に最初の1、2日目は、気をつけてください。

グリーンピールに慣れてくると、朝 うっかり顔を洗ってしまた!!!という方が結構いらっしゃいます。

グリーンピール中お風呂、シャワーはどうしたらいいの?

お風呂は普通に入っていただいて大丈夫です。

但し、顔を濡らしてはいけないので、鎖骨から上にお湯かかからないように気をつけてください。

また、長湯や半身浴などをしてしまうと、汗をかいてしまいますので、

グリーンピール中の5日間は、お風呂はさーっと短めをオススメします。

頭の洗い方ですが、おすすめは、頭だけは、お風呂に入る前に洗面台で済ませてしまうことです。

浴室でシャワーするよりも顔が濡れづらいように感じます。

他には、100円ショップに売っているシャワーキャップを使われている方もいらっしゃいます。

但し、これは頭の形によっては、使いづらい方もいらっしゃるようです。

5daysを何回やればいいの?

一般的には、初めてグリーンピールをやる時は、年令÷10回を月1回ペースで続けられることを理想としています。

例えば、38歳であれば、38÷10=3.8  切り上げで 4回です。

5daysの場合は、1回受けると1ヶ月(厳密には28日)は間を開けなくてはいけないので、

月1ペースを4ヶ月続けるのが理想ということです。

そしてその後は、年に1,2回、人によっては数ヶ月に1回というペースで、

定期メンテナンスのように時々通われる方が多いようです。

但し、上記の例は、大きな肌トラブルのない一般的な例で、その理想の回数はその方のお肌の悩み、

状態によっても大きく異なります。特にニキビなどの場合は、もう少し長く継続される方が多いです。

グリーンピールって痛いの?

毛穴に入れるハーブの結晶は、針状、つまり針のように尖っています。

目に見えないほどのミクロのサイズなので、見た目にはわかりませんが、

そのせいでトリートメント中、またその後も、毛穴にまだハーブが残っている間は、触るとチクチクします。

ハーブは、皆様の体温により溶けて奥に入っていってしまうと、チクチクは無くなります。

その程度は、人さまざま。

ハーブ導入中は、顔をぎゅっとしかめるほどの方もいれば、あまり感じず、スヤスヤ眠っていらっしゃる方もいます。

こればかりは、実際にやって見ないとなんとも言えないのですが、

「痛い」という理由で、グリーンピールを継続しなかったという方は今まで一人もいらっしゃいません。

施術直後は赤くなるの?

ハーブ導入直後は、鎖骨から上が全体的に赤くなったり、浮腫んだように感じるかもしれません。

ただし、コレも個人差があり、少しずつ治まりつつも2、3日それが続く方もいれば、

施術が終わり、ベットから起き上がる頃には、もうわからないほど元に戻っているという方もいらっしゃいます。

また、中には首にかゆみを感じる方もいらっしゃいます。

これは、首には、かゆみを感じやすい脂肪細胞という細胞が密集しているせいです。

ご来店の際には、かゆみが出てしまった時の対処法などもアドバイスさせていただいています。

専用のホームケアは絶対必要なの?

グリーンピール中は、アフタートリートメントにご来店いただくまでの5日~7日間、

専用のローション、2種類のクリーム、日焼け止め

2,3時間おきに塗り直しをしていただくことになります。

これらのケアは、皮膚の生まれ変わりを助ける重要な働きをしますので、

お約束事を忠実に守ってしっかりケアしていただく必要があります。

瀬術者として、せっかく、グリーンピールをやっていただくのであれば、

最大限の効果を発揮させたいと思っています。

グリーンピール中は、家にこもらないといけないの?

グリーンピールは、おこもり美容などと言われることがあります。

そういうこともあり、初めてグリーンピールを受けられようとする方の中には、

アフタートリートメントまでの5~7日間、予定を完全にあけて、

一日家にいようという心構えでいらっしゃる方もが結構いらっしゃいます。

確かに、ハーブ導入直後は、顔が赤くなったり、少し腫れぼったくなったりする方もいらっしゃいます。

しかし、時間とともにそれは引いていきます。

また、ホームケアで塗り直していただくケア用品には色付きのBBクリームも含まれていて、

多少ファンデーションの代わりとなる働きもします。

また、毛穴を塞ぐような、ファンデーション、チーク、パウダー等は使用NGですが、

アイブロー、アイライナー、リップなどは、普通に使っていただけますので、

全くメイクができないというわけでもありません。

皮膚の剥け方は個人差があるので、なんとも言えませんが、あまり気になるようであれば、

マスクなどを使って隠すことも可能。

2,3時間の塗り直しは、人によってはお仕事中の塗り直しは不可能という方もいらっしゃるかもしれませんが、

総じて、家にこもらなくてはならないようなことは一切ありません。

グリーンピールのお客様で、普段会社勤めされている方の多くは、グリーンピール中も通常通り勤務されています。

アフタートリートメント後は普通のケアに戻していいの?

基本的にアフタートリートメントをお受けになった以降は、

いつも通りのホームケアに戻していただいて大丈夫です。

ただ、生まれ変わった新しい皮膚は、紫外線に敏感です。

普段から日焼け止めは使っていらっしゃると思いますが、グリーンピール直後の1ヶ月は特に日焼けに気をつけてください。

また、グリーンピール直後は、肌の吸収力が非常に高まります。普段の30%以上、

吸収率が上がると言われています。特に最初の1週間は、質の良い美容液などを使うと、より効果的に働きますので、オススメです。

グリーンピール直後、特別なケアがあるわけではありませんが、この期間の過ごし方がその後の肌を大きく変えますので、しっかりケアしてあげてください。

 

 

 
初めてのグリーンピール

《初回 20%OFF》グリーンピール5daysの効果をお得に体験!

グリーンピールはあらゆる肌トラブル、アンチエイジングに対して、通常のエステでは得られない非常に大きな変化が期待できます。

過去に他店でグリーンピールを受けたことがあっても、ベルソワンでのグリーンピールの施術が初めてであれば、20%OFFにてご提供させていただきます。

ベルソワンのグリーンピールで、驚きの変化をリーズナブルに体験してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です